カフェ番長

カフェ番長「カオポン」の、珈琲と喫茶店日記。 時には鞄を作ったり、ジャズを歌ったり。 手作りの暮らしを楽しんでます。

2005年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あめふりさんぽ

あーちゃんは赤いレインコートをきて
おーちゃんは蒼いレインコートをきて
てくてくてくてく歩いていく

おーちゃんは雨の色は蒼いと思って
あーちゃんは紅いと思った

水無月の雨はいろんな色
まちも
ひとも
しぜんも
水無月の雨に染まっていく

あーちゃんは赤いレインコートをきて
おーちゃんは蒼いレインコートをきて

てくてくてくてく歩いていく




IMG_000099.jpg

スポンサーサイト

| イラストと、ふにゃふにゃポエム | 21:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャズ小噺  「蟻の誓い」

やあ諸君。僕の名前はアリ。
そう、昆虫の蟻。
今日も僕の体はピカピカに黒く光ってる。
いつもしっかりとキメるのは結構大変なんだよねえ。
でもさ、僕ら働き蟻の身分でも、ひょっとしたら女王様とお会いできるかもしれないんだよ。
それで何十万も、何百万もの働き蟻の中から「まあ、アナタのお名前を聞かせて」なんて
見初められちゃうかもしれないんだぜ。
という事で、僕は毎日女王様の為に一生懸命に頑張っているんだ。

ところでさ、この数日、僕の家の上で何か「ドンドン!」って音がするんだけど……
ありゃあ何だい?
地下数メートルも深く掘った僕達の居住区に、
さっきから「ぶーんぶーん」とか「ぷぺぽー」とか
可笑しな音が響いてくるんだ。寝れたもんじゃないよ、ったく……。

でさ、僕はこの音の出所を突きとめようと思ってんの。
噂によると女王様も気になっているらしいんだ。
「あの音を聴くと、胸がドキドキしてしまうの。何だか恋をしたみたいに」ってさ。
だから思ったんだ。
僕がこの音の謎を解き明かしたら、
女王様は僕の事を好きになってくれるかもしれないってね。
さあ、ぐずぐすしてなんかいられない。
さっき情報屋のモグラも「20年ぶりに地上に出てみるぞ」なんて言ってたし、
先を越される前に何とかしないと。


じゃあ、諸君。
僕こと「アリ」は今から旅に出ます。
何日かかるか分からないけれど、必ずここに戻ってきます。
もしも何日経っても僕が戻ってこなかったら、
どうかこの言葉を女王様にお伝えください。



「僕は、アナタの事が好きでした」と。

それじゃあ、しゅっぱーーーつ!!


| オリジナル小説 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。