カフェ番長

カフェ番長「カオポン」の、珈琲と喫茶店日記。 時には鞄を作ったり、ジャズを歌ったり。 手作りの暮らしを楽しんでます。

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

木曜日には花を買って




木曜日の帰り、花を買った。
4輪で280円の、あと数日ももたないようなバラの花。
家にはいつもウォーホールの絵が咲いているから花を生けることは殆どないけれど、
何となく気に入って買ってしまったバラの花。
家に戻ると、日本酒の空き瓶に水をいれて、花を生けた。
瑠璃色の酒瓶なんて今まで見た事がなかったから、資源ごみに出される事無く三月が経ち。
台所の隅にひっそりと、瓶はその出番を待っていたような。

bojo002.jpg


深い赤色のクロスを敷いて、あぶった鮪とオリーブオイルであえた野菜を添えた一品。
あぶりすぎたのと、包丁が悪くてきれいに削げなくて、ちょっと気落ちしたけれど
オリーブオイルとわさび醤油であえたら結構いけたので、良しとしたい。
(私の合格点は、非常に甘いのです)

bojo003.jpg


山芋を薄っぺらい肉でくるりんと巻いて、ちょっとだけ炊いたもの。

bojo004.jpg



買ったばかりのワインをあけて、まずは乾杯。
いつも見てるテレビはつけないで、ボトルが空になるまでエヴァンスを聴いて。

bojo006.jpg


合間につまみを作る。
ちょっとほろ酔い気味なので、そこにあったものを、大らかに盛り付けてしまう。
手前にあるのは、水菜とフーと(沖縄料理でよく使われる麩)少し炒めたトマト。
ちょろっとオリーブオイルかけて、岩塩を振って。
たぶん酔っ払っていたからだと思うけど、これが何だか美味い。
何でだろ?やっぱり酔ってたんだろうなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日はボジョレーの解禁日でしたね。近くの八百屋で予約しておりました。
わたくし、多いときは週に4本ほどワインを空けてしまうのですが、
全然ワインに詳しくありません。
自分で選ぶことは無く、人の薦められるままに飲んでます。
運良く、今まで外れた事無く美味しく頂いてます。
ちなみにワイングラスも揃えておらず、普段はデュラレックスのコップに並々とついで
がぶ飲みしております。ワイン好きな人が見たら叱られそうな飲み方。


ここ暫く自分以上に忙しくしている家人のテンションを上げるべく
今日はワインをあけました。
どこかに出かける事も無く、中日ドラゴンズが優勝したからってバーゲンに行くことも無く、
イベントものから遠ざかっている我が家。
たまには家でイベントっぽい事をしてもいいかなと思い、ボジョレーを飲んでみることに。
家人はたいそう喜んでおりました。良かった、良かった。
聴いていたエヴァンスのアルバムは三枚分。酒が進むごとに白熱するジャズ談義。
最近私は歌っていないし、家人はリズムを刻んでいなし。
ぼちぼち「バンドごっこ」も再開したいなあ。

とにかく自由な時間が作れるまで、体を大切に。
美味しいかどうかは分らないけれど
(美味いと褒められたものを二度と同じ様に作った試しが無いのです)
気持ちをこめて、これからも御飯を作ってみようと思いますよ。

あっ、八百屋で買ったボジョレーは、なかなか美味かったよ!








スポンサーサイト

| 家ごはんと、お弁当 | 00:06 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

毎日弁当 その3

bentou005.jpg


先週輸入雑貨屋で、タイ製の弁当箱を見つけたので迷う事無く購入。
本当は辛いタイカレーとかインドカレーを下の段に入れて、上の段にご飯とかナンとかいれて持ち歩いてみたい!
カレーの具も「豆のカレー」とかね。そういえば、この前テレビでインドの子どもたちが通うインターナショナルスクールのお弁当風景を見たけど、やっぱり皆カレーなのね。
あと、カレーと一緒に必ずヨーグルトもついてるの。

小さなパスタや、サラダ、野菜いっぱいの炒め物、
ちょっと彩りも考えていれてみる。


obentou005.jpg


またまた職場の方にお弁当を。今度は違うクラスの先生たちに。
炊飯器で炊いたチキンピラフ、薄焼き玉子、ちょっと野菜。
巨峰を沢山頂いたので、巨峰のゼリー。

obentou004.jpg


お弁当に魚もいれるようになった。
近所の八百屋のおじさん(鮮魚部のオジちゃん)が「ムニエルなんていいぞ、このカジキなんて最高だが」と薦めてくれたので、そのとおりにする。

ムニエル。冷めてもうまーーーい!!

でも家人は「冷めても美味いけど、暖かいのも食べたい」と言ってたので
早速晩御飯に出してみた。ニンジンのグラッセ、あご出汁でとった赤だしもつけて。

二人して、「ムニエルうまーーい!!」と唸りながら食べた。

お弁当と晩御飯、上手じゃないけど手作りはやっぱり良いね?。



| 家ごはんと、お弁当 | 18:47 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンマーのカバン、うちなーのカバン






今年の盆休み、母さんと弟は沖縄に里帰りをしていました。7年ぶりの里帰りです。
お父さんが亡くなってから今年で3度目の夏、
ようやく心穏やかに物事を見つめられるようになった母さんは思い切って沖縄に帰ることにしました。
足腰が元気なうちに、島に行って、自分が過ごしてきた場所をじっくりと見てまわりたい。
旅に出る前は少し思いつめた様な表情の母さんでしたが
帰ってきた時はとても良い笑顔でした。
そして「酒飲みのアンタの為に」と泡盛を、
他には「向こうで皆が着てたからサー」と『かりゆしシャツ』を土産にもらいました。
泡盛は、こどもの頃お墓参りに行った時に、
隣の家のおじさんから「オマエも飲め」と言って勧められた酒瓶を、
泡盛が入っていたとは知らずにぐいっと飲み干してしまったことがあります。
その時は、はじめて目の周りがぐるぐると回ったような感覚になりました。
隣のおじさんは後で母さんに酷く叱られたそうです。

母さんは、自分自身の土産用に紅型のプリントが施された生地を数メートル買ってきました。
それを私によこすと、「これで何か作って」と言いました。
生地を渡されてから暫くは、何も手につけませんでした。
もらった生地の柄がどうにも派手で、どう使ったら良いのか色々考えていたのです。


生地をもらってから2ヶ月が過ぎ、ようやく形になりました。
鮮やかな柄を裏地にして、表地には渋い柿染めの生地とあわせてパッチワークにしました。
一見地味だけど、よく見るとパッと引き立つようなカバンにしたいなと思いました。

ekobagu001.jpg
ekobag002.jpg


手提げカバンが出来たので、もう1つ今度は柄違いでエコバックを作りました。
最近は、色々な所でエコバックの使用を推奨していますね。
この前母さんと一緒にイオンへ買い物へ行ったら、エコバックを持っていない母さんは
1枚5円でレジ袋を購入していました。
それをみて、母さんにエコバックを作ってあげたいなあと。

もうこれでもかと言うぐらい、派手派手な柄のエコバックに仕上がりました。
どうだろう、恥ずかしがって使ってくれないかなあと不安に思いながら
母さんに渡しましたが、母さんはとても喜んで使ってくれています。
はじめは、「こんな袋に大根とかお豆腐をいれるのは勿体無い」なんて言ってましたが、
最近は色んなところへ行って、ガシガシ使ってくれているみたいです。
ちゃんと使ってもらえてるなら、それが一番。

記事のタイトルの「アンマーのカバン、うちなーのかばん」、これは沖縄の方言です。
アンマーは母さん。うちなーは沖縄です。

私のアンマーは、今日もこのカバンをもってお出かけをします。




| 手作り・工作いろいろ | 00:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。