カフェ番長

カフェ番長「カオポン」の、珈琲と喫茶店日記。 時には鞄を作ったり、ジャズを歌ったり。 手作りの暮らしを楽しんでます。

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

小さな旅

um0006.jpg


週末、一泊二日の小さな旅をしてきました。
家人と、家人の「とーちゃん」と、「かーちゃん」と「おばちゃん」を連れて5人の旅です。
今回初めて皆で旅行をしました。

車で少し走ったところに、良い温泉があるんだよ。
運が良ければ温泉を借り切って入れるらしいよ。
目の前が海だからね、凄く眺めが良いんじゃないかな。

今年の正月に旅行の話を持ちかけたら皆その気になって、早速旅館の予約を取りました。

風は強いものの、穏やかな天気です。

早めに旅館に入ると、早速かーちゃんとおばちゃんは風呂に入ってもらいました。
その間、とーちゃんはかねてから計画していた海釣りをする事に。
「今日は波が時化てるからどうかな。釣れんと違う?」
私も家人もそう思ったのだけど、とーちゃんはそんなのはお構いなく。
私達も釣りに付き合うことになりました。

ちなみに、先に寄ったつり餌屋は地元のおじちゃんたちの溜まり場になってました。
ストーブのまわりにおじちゃんたちがワンカップ片手に、
あそこの釣り場はどうだって話をしてるんです。
きっと朝から飲んでるんだろうな。おじちゃんたちは皆、酒でどろどろの目をしておりました。
危うくとーちゃんも、その溜まり場の中につかりそうになっていて
「なに油売っとるんじゃい!」と捕まえてきました。

旅館の人たちから岩場の所でよく釣れるとの情報をたよりに
早速その場所へ。
日没まで数時間、さあ、何が釣れますやら。


umi0005.jpg


とーちゃんと家人が釣り糸をたらしている間、私は一人で散歩を楽しみます。
季節ごとに必ず、私は海を見に行きます。

空と海の境目が曖昧な春の海は、大好きな景色の一つ。
砂浜に下りて貝殻を拾って、巻貝の様子をじっと観察して、
浜に打ち上げられたくらげに悪戯をして、
その後はのんびりと海を眺めてる。





自販機で買ったグレープサイダーは、ちょっと毒々しい味がして
早く宿に戻ってお茶を飲みたいなあと思ったけれど、
これも記念だとシャッターを押します。

そのうち陽が落ちてきて、かなり風が強くなった頃
それまで少しも動かなかった二人がぴくりと立ち上がりました。
「釣れたー?」
大声で聞いてみると、二人とも苦笑い。

「さっぱりだ」
「寒すぎる」
「鼻水が止まらん」
言葉少なくその場を去りました。

宿に戻ってからは、予定通り食事をして、温泉につかり、同じ部屋で皆で寝ました。

翌日は近くの魚市場で土産を買うと、すぐに家へ帰りました。

とーちゃんは釣り、かーちゃんは温泉。おばちゃんも温泉。
私と家人は、釣りと温泉とお酒。
これといった名所を回ることもなく、とにかくのんびりとしました。
でも帰りの車の中で、「良い思い出が出来た」と言ってもらえたので、良かったのかな。

私は凄く楽しかったなぁ。海でいっぱい遊べたから!
スポンサーサイト

| 旅スケッチ・センチな旅 | 17:41 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |