カフェ番長

カフェ番長「カオポン」の、珈琲と喫茶店日記。 時には鞄を作ったり、ジャズを歌ったり。 手作りの暮らしを楽しんでます。

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

夏ご飯覚え書き

wain001.jpg
ienomi.jpg
houhai.jpg
tikin.jpg
nomo.jpg
natuben0005.jpg


とにかくバテないように!

色々美味しく頂きました。

スポンサーサイト

| 家ごはんと、お弁当 | 09:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

嬉しかったこと


8月のおわりごろ、親愛なる友人殿からワインを頂きました。
旅のお土産で、カオポンの為にワインを選んでくれたのです。

仕事のお祭りとか色々忙しくて、じっくりと台所に立つ日がなかったけど
この日はちょっとだけ落ち着いてご飯を作ることができました。

頂いたワインは、深い香りと甘みが引き立つ味でした。
国産のワインは海外のに比べると
まだまだ重み、渋み、辛味、香りが足りません。この数年で随分頑張っているとは
思うけど、それがなかなか高い。
輸入ワインなら1500円ぐらいの味がするのを国産に求めると、倍はかかります。
また、ついつい葡萄ジュースの様に甘いものが多いのです。

でも、選んでくれたそれは、ただ甘いのではなくて、
甘さの中に重さもあって、スパイシーな香りもして、とてもお料理が引き立つ味でした。
国産ワインも良いではないか!と思わず唸ってしまうほどの良いワインでした。

嬉しいなあ…。本当に嬉しいなあ。
美味しいものを沢山知ってらっしゃるから、やっぱり良い物を選ばれるなあ。

urusi.jpg
嬉しいと言えば。
いつも使っているヒノキの弁当箱を、この夏、修理に出しました。
ひとつは使って12年目、もうひとつは7年目。
ひのきの木目地の上を職人さんが丁寧に丁寧に漆をぬって作り上げた
木曽ひのきの、お弁当箱。
ついつい、水につけっぱなしにしたり、丁寧に扱わなかったせいで
生地が随分と剥げてしまいました。

母さんに見せたら、そんな古びたもの捨てちゃいなさい、新しいのを買いなさいとか言われたのですが
二つとも随分思い入れがあるもの。
特にそのうちの一つは、今は亡きお父ちゃんが小遣いを出してくれて
そのお金で買った弁当箱なので、どうしても捨てるわけにはいかない。

どこに出せばいいのかなあと、この数年考えておりました。
去年、国道19号線の塩尻の手前、木曾で直してくれる漆器屋を見つけました。
去年見つけた時は、弁当箱を持っていなかったので
今年の夏、白馬からの帰り道に寄ることにしました。
その時はお盆の時期で職人さんが皆おやすみ。
お店にいたお姉さんが、一応預かっておきますと言ってくれたものの、
果たして直してくれるのか、心配でした。
すると、お盆明けから数日後。
漆器屋さんの専務さんがわざわざ電話をかけてきてくれました。
「直して使えば、何十年も使えます。直しましょう」と。

ひとつ、3000円で漆の塗りなおしと細部の修理をしてもらうことになりました。
弁当箱を買った当時、ひとつ8000から9000ぐらいしたのかな。
高いよねえ。
でも、ひとつ持っていると凄く重宝するんだよ。
宝物だねえ。宝物のわりには普段使いにしているんだけどねえ。


その弁当箱、先週届きました。
丁寧に梱包されていて、包みを解いてみたら
買った時よりも丁寧に塗りがされていて、思わず「おおーーっ」と叫んでしまいました。
黒く艶のある漆の塗りが、本当にきれい。
お父ちゃんとの想い出がある弁当箱は、特に雰囲気が良くなっていて
思わずほろりときました。

大事に使おう。
でも、日常の中でどんどん使おう。
ooyatisoumen.jpg
暑い日が続きますね。
明日はやっと雨が降りそうです。

今日は三重県の四日市の名産、「大矢知ひやむぎ」を食べました。
ひやむぎですが、細うどんに近いです。
ものすごく麺にこしがあって、つるつるです。

おいしいよ!
機会があったら、是非たべてみて!

| 平凡だけど幸せな日 | 09:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スノウ・コーヒー

sunou.jpg

暑いねえ。

でも、暑すぎる!
とにかく日射病、熱中症には気をつけております。

仕事でへろへろになって、帰りに立ち寄った喫茶店で、こんなデザートを。
「スノウ・コーヒー」と言います。
美味しいアイスコーヒーと、こくふかーい生クリーム。
グラスのまわりがとっても繊細。

屋根に風見鶏のついている、古い古い洋館の建物です。
名古屋の中では、ここのマスターが一番素敵だと思います。

aisuco004.jpg
kiryoukann0003.jpg


美味しいコーヒーを、とても拘って淹れているのに
マスターはいつも優しい。

よく、「こだわりの頑固オヤジの店」ってあるでしょ。
そういう変な主張がなくて良いなあ。

静かで、おだやか。

写真撮影の許可をもらう時も、ただ黙ってにっこり笑っている。

良いんだよなあ。









※ウェブ拍手に暖かいコメントを下さった姫子さま。
どうもありがとうございました。
暑さでちょっと更新をなまけておりました。

本当にどうもありがとうございました。

| 今日の喫茶店 | 08:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

みやげばなし



hakuba.jpg

盆の間は白馬のほうへ行っておりました。ジャズバンドの仲間達やその友人達を
集めて、ジャズ合宿です。
ものすごく美味しいフランス料理と、ワイン、日本酒をそろえている小さなホテルです。

baburo01.jpg

ここの料理を食べていると、みんな健康になっちゃう。
とにかくおいしい。


baburo002.jpg

自宅の畑で育てた有機野菜をふんだんに使って、
フランス料理なのにあまりバターは使わないで、
それでいて、ぐっと味に深みがあります。
もしも宝くじが当ったら、自分はそこで一月ほど滞在してみたい。
実際、著名人がここで長い事滞在したこともあるとか。
それで料理は毎日メニューが変わるって言うんだから、素晴らしい。

ensou.jpg





ちなみに、リビングには暖炉の前にグランドピアノが置いてあります。
そのまわりに、運んできた機材や楽器を設置して
朝と、夕方、ディナーの終わった夜は深夜まで演奏。
他のお客さんはいないので、好きにやらせてもらえます。
いたとしても、その人もみんな一緒にお祭り騒ぎ。
飲めや歌えやの、どんちゃんさわぎです。
宿泊した初日は、小さい子供が5人もいました。
5人の子供は、それぞれやりたいほうだいに暴れまわっておりました。
でも、「きらきらぼし」とか「かえるの合唱」とかこどもの知っている曲で
遊んでみたら、もうすぐ二歳のこどもも、手癖の荒い小学二年生の坊主も
目があうとすぐに泣き出す4歳の女の子も、
みんなみんな、スイング・スイング・スイング。
音楽にあわせていきなりこどもが楽しそうに踊り出すので
それぞれの親御さんは目を細めて喜んでおられました。

いやあ、音楽は良いね。

あと今年は、高校生のトロンボーン奏者を急遽ゲストに迎えてセッションを楽しみました。
学校では吹奏楽部に所属している男の子。
礼儀正しくて、なかなかハンサム。イケ面と言うより、ハンサム。
顔かたちにあまり手を加えていない、素の美少年でした。
(これ、ポイント高いよね)
彼のお陰で、今年のジャズ合宿は大いにときめきましたw

「じゃ、最初にフルート。次にボーカルスキャット適当、その次ピアノ。あと君、適当に続きやってくれる?」
「えっ?そっ、そんな」
「いいの、いいの。適当、適当」

適当とはなかなか難しいのですが。

なかなか勘のよろしい少年で、本当に適当に入ってきて、適当なフレーズを作ってくれました。
二日目からは雰囲気に慣れてきたのか、長いソロをまかせても臆することなく
それはそれは楽しげに鳴らしておりました。





soba02.jpg


写真は蕎麦ばかりですな。

一番上のは、旅の初日。国道19号線、南木曽で食べた蕎麦。
二枚目は、二日目。新潟の糸魚川市で食べた蕎麦。
白馬から50キロほど北上すると、新潟です。
最初に入った酒蔵で、「この町で美味しい魚か、蕎麦を食べたいんですけど」と
訪ねたら教えてもらいました。
美味しいものは地元の人に聞くと良いよね。

昭和初期ぐらいの古い建物でね、中に小さな庭がって、大変景色が良い。
薬味にさ、らっきょうみたいな白いのあるでしょ。
あれ、何かわかります?あててみて(笑)










答えは、「あさつき」。ほら、葱の代わりにあさつきを刻みますって、お料理番組で
聞いたことあるでしょ?
普通は、あさつきの伸びた芽の部分を刻むでしょ。
こちらは、その元の部分。
かじって食するのです。

そりゃあもう、辛い!

でも、蕎麦の風味と良く合うのよ。


sobaa.jpg

最後は帰りの日。
塩尻のワイン街道から少し外れたところ。

ここは去年、はじめて見つけて
凄くお気に入りの場所。

田んぼとカベルネの葡萄畑。
その中にひっそりと、この店があります。

目立たないところにあるのに、
必ずお客さんがちょこちょこ入ってくる。

ここの蕎麦は出汁をつけなくても美味いよ。
あと、地酒が美味い。
笑亀ってお酒が美味しい。
あと、土地柄、ワインリストも豊富。

蕎麦にワインなんて洒落てるよねえ。


ここで蕎麦を食べていたら、ミンミンゼミが鳴いていたよ。

名古屋では最近、ミンミンゼミが鳴くのを聞いていない。
仕事で毎日、野外に出ているとわかるんだけど
この4、5年でミンミンゼミの数が少なくなってるんだ。

クマゼミばかり。ニイニイとかひぐらしなんて山のほうへ行かないと聞けない。
学生の頃の夏休みは、よくミンミンゼミが家の前で鳴きだして
苛々したものだけど、久しぶりに聞くと懐かしいな。



こんな盆休みでした。

さあ、これからはお仕事がんばろう。そして楽しもう。




| 旅スケッチ・センチな旅 | 08:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |