カフェ番長

カフェ番長「カオポン」の、珈琲と喫茶店日記。 時には鞄を作ったり、ジャズを歌ったり。 手作りの暮らしを楽しんでます。

2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

冷蔵庫はかなり冷えている


IMG_4656.jpg



おはよう、でござる。
冷蔵庫の中は、すがすがしいほどに何も無いでござる。


IMG_4658.jpg


卵と葱の出汁まき卵とおむすびが、今日の弁当でござる。
何もないので米だけは丁寧にといだのでござる。
今日の晩までには色々と埋まっていると良いと思うでござる。うん。
スポンサーサイト

| 家ごはんと、お弁当 | 08:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はじめての宝石


先週の水曜日、結婚記念日を迎えました。
私は、今年の夏の初めころに体を壊して物凄く落ち込んでいた時期がありました。
夜、どうしても眠れなくなってしまって一人で何も言えずに悩んでいると、
家人の「ぶーちゃん」は、何も言わずに手を繋いでくれました。

今は症状も落ち着いてきて、いっぱい笑って過ごせるようになりました。
その代り、今度はぶーちゃんの仕事がとんでもないぐらい忙しくなり、
顔を合わせていられるのが、ほんの少しの時間になってしまいました。
私は、拙いなりにご飯とお弁当を作ることで、ぶーちゃんを応援することにしました。

IMG_4613.jpg

IMG_4530.jpg


記念日の前日、ぶーちゃんが私の耳元を見て、こう言いました。
「ポンさん。あなた今年は、随分頑張ったよね。もう少し良いのを身に着けると良いよ」
ぶーちゃんは、私が雑貨屋で見つけた500円そこらのピアスばかり着けているのを知っていました。
思えば、結婚した時から宝石は一つももっていませんでした。
婚約指輪は、お互いお金が全くなかったので、アンティークのお店でおもちゃの様な指輪を買ってもらいました。
結婚指輪も頂いた商品券を集めて、一番安いものを買って薬指にはめました。
でも、それで十分でした。とても満足していました。
けれど、ちゃんとしたのを身に着けて欲しいと言ってくれたので、その気持ちに甘える事にしました。


記念日の日、ぶーちゃんは仕事で今日中に帰れるのかわからないと言いました。
予算は給料一か月分。そんな高価な買い物は初めて。それも一人で決めるのです。
でも、私の事を大切に想ってくれる気持ちが凄く嬉しかったです。
一人で宝石店に入ると、私は店の主人に宝石を手に入れる事になったいきさつを話しました。
「こういうの買うの、初心者なんです。
どうぞよろしくお願いします。できるだけ普段でも身に着けれるようなピアスを探してください」

宝石屋の御主人はとても感じの宜しい人でした。
ダイヤの粒が片方に3つ付いたピアスを卸値の半額で売って下さいました。
鏡の前で着けてみたら、それは、今まで見たことのない様なきれいな輝きでした。

IMG_4651.jpg

「ご結婚、何年目ですか?」
「19年になります。ほんとは来年が節目になりますよね。
良いのかな、こんな買い物初めてだから、ちょっと混乱してます」
「良いんですよ。何年目と節目を決めて何か揃えるのも良いですけど、
お二人にとっては今年が一番思い入れのある年になってるんですよ」
「そうですね。ほんと、そうですよね……」

家に帰ると、驚いたことにぶーちゃんが帰ってきていました。
明日は家に帰れなくても良いと覚悟を決めて、早めに帰ってきたとのこと。
「あの…宝石店で思いのほか時間食っちゃいまして…その、ごはん(食材)何も買ってなくて…」
時計を見たら、宝石店で1時間以上も粘って物色しておりました。
「うん。それじゃ、飲みにいきましょっか」
耳元に揺れるピアスを見て、ぶーちゃんは満足そうに頷いておりました。



…と、こんな結婚記念日でした。この日の事、ずっと忘れないと思います。

| 家ごはんと、お弁当 | 20:58 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |