カフェ番長

カフェ番長「カオポン」の、珈琲と喫茶店日記。 時には鞄を作ったり、ジャズを歌ったり。 手作りの暮らしを楽しんでます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「オサムシさんに会いにいく」

宝塚市にある「手塚治虫記念館」へ行ってきました。
6年前に一度行って以来です。

teduka002.jpg



子供の頃に父親の影響で、沢山の手塚作品に触れました。
「治虫」を「オサム」と当時は読めず、しばらく「オサムシ」と呼んでたのを覚えてます。
手塚作品で好きなものは色々ありますけど、「どろろ」「火の鳥」「ブラック・ジャック」「ブッダ」「海のトリトン」「リボンの騎士」とか……書き出すと止まらないですね。

6年前に初めて行った時は、館内のエントランスに飾ってあるステンドグラスを見ただけでぽろぽろと涙が出てしまうほど、一人で感動してました。
もう故人ではあるけれど、憧れの手塚先生を少しでも感じたような気がしちゃったんですね。

そして、この写真がエントランスのステンドグラス。
teduka001.jpg



ロビーの床にはサファイア。


teduka005.jpg



館内からはアニメ「リボンの騎士」のテーマ曲がかかってます。
このテーマ曲、好きなんですよ。

今回は思いつきで行ってみたんですけど、ちょうど「手塚治虫、漫画界デビュー60周年記念」の企画展をやっていました。


6年前は、感極まりすぎてしっかりと館内を見学する事ができなかったけれど、
今回はしっかりと楽しむ事ができました。

teduka003.jpg



teduka004.jpg



写真ではわかりずらいかもしれませんけど、
これは漫画の表紙(生原稿)です。
あと、手塚先生が20代の頃に書いた『ネタ帳』とも言うべきノートが展示されていたんですけど、
その古いノートの1ページにアトムやヒゲオヤジ(伴俊作) や天馬博士の名前が出てくるんです。
キャラクターにどんな性格や物語の中でどんな位置づけをしていくのかとか、これから漫画に起こしたい話の骨組みを短編小説にして書いてあったり。
手塚先生の直筆でびっしりと書き込まれたノート、物凄く興味深かったです。あと、先生の字は、とっても綺麗な字でした。

デビュー60周年と言う事で、沢山の大手の出版社から祝辞を寄せていて、手塚治虫に影響を受けた漫画家達からのお祝いの色紙も展示されてました。

teduka008.jpg


この色紙はキューティー・ハニーやデビルマンで有名な永井豪氏。
一応リボンの騎士のサファイアを描いているんだけど、
おもいっきり永井豪の絵柄になっているところが。(笑)


teduka009.jpg


他には竹宮恵子とか、アンパンマンで有名な「やなせたかし」とか、
藤子不二夫とか。
ビデオでは萩尾望都とか松本零士とか、赤塚不二夫とか、漫画界の重鎮みたいな方々のコメントが流れてました。

手塚先生が亡くなられてから15年以上も経っているけれど、
未だにどの漫画家の心の中にも手塚治虫は生き続けているんだなあと思うと、また涙が。(つくづく感じすぎだと、そんな自分を笑ってしまった)


館内を見学したあとは、二階にあるカフェテリアで珈琲を。
このカフェテリア、以前行った時には無かったのです。どうも最近できたばかりだとか。

teduka007.jpg



お水が入っているグラスはアトムが描かれてます。
本当はもっと手塚治虫を意識したお店だと良いのになあと。

珈琲カップにリボンの騎士のゴロが印刷されてたりとか、
「ヒョウタンツギ」の形をしたシュガーポットとか、ファン心をくすぐるようなものがあると良いのにね。
ちなみに、奥に見える赤いトートバック。これは京都の「一澤帆布」と手塚プロの共同企画で作られた「アトム柄バック」です。

最後にオマケとして、こんな画像を。


teduka006.jpg



タイルに印刷されたリボンの騎士に登場する「チンク」の絵。
このタイル、実は館内のトイレに使われているタイルなんですよ。
チンクの他にもファンには嬉しいキャラがところどころ印刷されてます。
こういう遊び心、好きだなあ。このタイル、市販してくれないのかなあ。家の風呂場に使いたいのに。

名古屋から車で4時間。
手塚治虫記念館は、こういう所です。ご家族連れの方が多かったですね。子供達はピノコやアトムが目当てで、お父さんは子供の頃に読んだ作品を見て懐かしがってました。
手塚作品に馴染みの薄い人でも、結構楽しめる場所ですよ!



スポンサーサイト

| 平凡だけど幸せな日 | 21:46 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

懐かしいわ~(゚ー゚)(。_。)ウンウン
リボンの騎士、好きだったわ♪
アトムのステンドグラスも素敵ねv-10
あと「チンク」のタイル、あったらわたしも欲しい~。お土産用とかはないのかしら?
商売っけがないのね( ´艸`)ムププ

| アマランサス | 2006/04/10 16:55 | URL |

すごーく近くまでいらしていたんですね。
私は車で30分ぐらいのところに住んでいるのですが近すぎるのか、まだ行った事がないんです!こうやって写真で見るといい感じで、行きたくなります。

↓のコメント。次男の幼稚園の先生を思い出して
ウルウルしてしまいました。
暖かいお言葉ほんとありがとうございます。
昨日入学式で、今日から元気に通っています!!帰ってからの一言「楽しかったよー!」でした。

| yasca | 2006/04/11 16:31 | URL | ≫ EDIT

アマランサスさんへ

こんにちは~アマランサスさん!
こちらはずっとずっと雨に見舞われております。


懐かしいですよね、リボンの騎士。
たまーにテレビで再放送をやっていると、つい見入っちゃいます。
お土産グッズは結構充実してるのに、こういうのは無いんですわ。あったら、良いですよね~


| カオポン | 2006/04/11 21:49 | URL |

yascaさんへ

こんにちは、yascaさん。
ええーーっ、お近くだったんですね!
高速で宝塚に入ったとき、頭の中でちらっと(そういえば、yascaさんって確かこっちの方に)って思ったんですけど、まあ!(笑)

手塚治虫記念館、良いですよ~。ほんと、家から近かったらしょっちゅう此処へ寄りたいぐらいです。
記念館の近くに「宝塚ファミリーランド」があったと思うのですが、もう閉鎖されちゃったんですね。代わりに随分小奇麗な建物ができてました。あの古い遊園地の雰囲気も好きだったんですけどね~。

↓のコメント、何だか偉そうなことを書いてしまったなと、あとで思ったのですが、
でも温かく受け止めてくださって嬉しいです。
今は短縮授業ですよね。降りつづく雨の中を傘さして行かれたのかしら。
充実した学校生活を送れると良いですね!

| カオポン | 2006/04/11 21:59 | URL |

わ~♪

私も手塚治虫で育ちました~!
今でも充分通じる面白さがありますよね。
生まれるのがちょっと早すぎたすごい才能の持ち主ですね。

亡くなってからもなお、仕事に関わる人全てが楽しめるような、そんな作品群は世界にも誇れますよね。

| ゆるねね | 2006/04/11 22:39 | URL |

どうも~

ゆるねねさん、こんにちは。

>私も手塚治虫で育ちました~!

おおーー。何だかとても嬉しいです。
手塚作品はどれを読んでも話の内容が深いです。読むたびに新鮮な感動を味わいます。
亡くなっても尚、彼の作品に深く影響を受ける人達が沢山いる。
ほんと、手塚先生は凄い人だなあと思います。

| カオポン | 2006/04/11 23:28 | URL |

ありがとうございます!

カオポンさん、こんばんは。
いつか行ってみたいと思っている場所のひとつ…
こんなにじっくり眺めたの初めてです!
素敵なレポートありがとうございますv

うちは父が本が好きで、おみやげが手塚漫画だったんです。
おとなになってから読み返したい!と思う作品が多くて、
文庫サイズだけど集めるようになりました(それでもやっと200冊)
自分が死ぬまでに手塚さんが遺してくれたものを
全部身体に取り入れたいなぁ、と小さな野望を抱いてます(笑)

なんだか最近こちらで、カオポンさんから春をおすそわけして頂いてるみたいで
珈琲片手に、ほっこりさせてもらってます。

| なずな | 2006/04/12 01:10 | URL | ≫ EDIT

おやー!

カオポンさん!お近くにいらっしゃったのなら、一声かけてくださればよいものを!

なんだか近くにあると思うと灯台下暗しというのか、かえって行かないものですね~。私は結局2回しか行ってないです。
ファミリーランドは私にとって子供の頃の記憶がいっぱい詰まった場所でした。今「花の道」になっているあたりは私が子供の頃は本当に温泉場の土産物屋が軒を連ねていて、名物の炭酸せんべいとか、土産物特有のチープなおもちゃを売ってました。あー、あそこのサル山のサルはどこに行ってしまったんだろう……。

30年前くらいだと、宝塚大劇場も古くてC席で1,000円しなかったと思います。姉がベルばら初演のころ大好きで、よく行ってました。

| くっしー | 2006/04/12 13:26 | URL | ≫ EDIT

京都にもあるようなんですが、まだ行ってないです。

リボンの騎士 大好きでした。
アトムのおちゃの水博士とか。。。

一度行ってみたいです。

| ねえね | 2006/04/12 22:09 | URL |

皆さんどうも有難う御座いました!

仕事でちょっと忙しくしている間に、カフェ番長に立ち寄ってくださって有難う御座います!
皆さんから頂いたコメントを読んでいたら元気が出てきました。

さてさて、なずなさん、くっしーさん、ゆるねねさんへお返事を~。


v-238なずなさんへ


こんにちは~、なずなさん。わあ、なずなさん来て下さって有難う御座います!
お土産が手塚治虫の漫画だなんて、素敵ですね!うちは、子供の頃に漫画を読むのは禁止とするような堅いところがあったんですけど、手塚作品だけは特別扱いで、父の方から「これを読め」と言ってくれまして。

なずなさんは御自身で手塚作品を集められてるんですね!それも200冊!
ああ、凄いなあ~!自分は小学5年の時に初めて自分のお小遣いで買った「ナンバー7」という作品を今度手に入れようかと思ってます。もうずっと前に、その本はなくしてしまったので。
また、なずなさんと手塚作品のお話が出来ると嬉しいです。どうも有難う御座いました!



v-254くっしーさんへ


おおーーー、くっしーさん、いらっしゃいませ~。
どもども、ブログ覗いて下さって有難う御座います。

そうでした、くっしーさん。お住まいはこちらの方でしたね!
灯台元暮らし。そうなんですよね~。
じぶんとこにも、家の近くに結構観光スポットがあるんです。あとJリーグ観戦ができる大きな競技場とか。
でも、近すぎるとかえって足を運ばないですよね。
こちらの方は数年ぶりに行ったんですけど、ファミリーランドがなくなってたのは、ちょっと寂しかったですね。あと、宝塚駅の周辺の店舗ビルがどこも閑散としていたのも。お昼ごはんを食べたくても、なかなかお店が見つからない程、どこもシャッターが下りていました。

猿山なんてのがあったんですね!
「乙女餅」があったら買ってきてと土産を頼まれていて、必死に探したんですけどこれも買えなかったです。今度行くときは(まだ行く気まんまんです)、もっと下調べしてから行きます。
あと、くっしーさんに「行くよ~」と声もかけなくちゃ!(笑)

どうもありがとうございました!



v-274ねえねさんへ


ねえねさん、こんにちは~。
京都駅の近くに手塚治虫グッズを取り扱っている店があるのは知ってましたが、他にもお店があるようですね。
こんど京都へ用があるので、その時には是非行ってみたいなあと思ってます。

リボンの騎士、好きでしたか!
自分は漫画も持ってますが、アニメ版のリボンの騎士が好きでした。
宝塚歌劇がお好きだった手塚さん、
アニメの中でもふんだんに歌劇の雰囲気を取り入れてて、子どもだけが見るには勿体無いくらい丁寧に作ってました。
あの頃、沢山の連載を抱えながらも、アニメの絵コンテは殆ど彼が手がけていたようですよ。

いかんいかん、手塚治虫を語りだすとつい熱くなってしまいました。
良かったら是非記念館へ行ってみて下さい。
昭和を感じる、懐かしい場所ですよ。

| カオポン | 2006/04/14 08:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaoponcafe.blog8.fc2.com/tb.php/167-61cc21f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。