カフェ番長

カフェ番長「カオポン」の、珈琲と喫茶店日記。 時には鞄を作ったり、ジャズを歌ったり。 手作りの暮らしを楽しんでます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

加賀太胡瓜(かがぶときゅうり)

kyuuri001.jpg


これは石川県加賀特産の野菜、加賀太胡瓜です。
特産品を表示するラベルがはってありますね。
去年ぐらいかな?ビールのCMで加賀太胡瓜を美味しそうに食べるシーンが話題を呼び、それからけっこう市場に出回るようになったそうです。
見た目、瓜かなと思われますが、これは胡瓜。1本の重さが500から600グラムぐらい、普通の胡瓜の5倍くらいの大きさです。
とても果肉が瑞々しく、触感も良いです。
煮たり(冬瓜の様に餡かけが多いです)焼いたり、塩もみしたりと、色々な料理に使えます。

kyuuri002.jpg


まず、ピーラーで皮を剥いて、塩でもみます。

kyuuri003.jpg


次は種をとります。胡瓜の表面はこんなふうになっているのです。

kyuuri004.jpg


そしてざくざくと切ってお皿にもると出来上がり。
カリモリとは一味違った美味しさです。


ちなみに昨日、カオポンはこの胡瓜を、職場(幼稚園)の子供たちに、おやつとして出してみました。
この胡瓜をおやつに出したのは、ちょっとした理由があります。

もうすぐ七夕。今週の金曜日ですね。
七夕には、この瓜と深い関係があるんです。

七夕の所以は色々な説があります。ちなみに、私が知っているのは、こんな話し……。






昔々の事、ある日下界に下りて沐浴をしていた天女がいて、
天女が脱いだ服と羽衣を、一人の男が持ち去ろうとした。
天女は羽衣がなければ天上の世界に戻れない、だから返してくれと願うのだけど
男はがんとして譲らない。
結局、男の言うがままになってしまい、天女は男と世帯をもってしまう…。

子供の頃、私はこの男の行動に対し、何て傲慢なんだと憤慨したものですが、大人になってからは、何となくその男の気持ちも分かるようになりました。
男は、本当は天女の羽衣が欲しかったのではなくて、天女の愛が欲しかったんですね。だから羽衣を盗って隠してしまった。

ある日天女は羽衣を見つけて、家族を置いたまま一人天界に戻ってしまいます。
男はかみさんが突然いなくなっちゃって、物凄く驚いたと思います。これは大事だと、天界にいる天女に会いに行くんです。
でも、向こうでは天女のおとっつあんが待ち構えてて、「オマエか、俺様の大事な娘をたぶらかしたのは」と大激怒。
男は謝って謝って何度も謝るんだけど、おとっつあんはどうしても許せない。
「今から一月の間、わしの家の瓜畑の面倒を見ろ。ただし、何も飲まず喰わずに働くのじゃ」
そんな無理難題を男にぶつける。
男は天女の愛を勝ちとろうと、必死になって畑の面倒を見る。
だけど7月の天界は物凄く暑くて、(旧暦の7月は、8月の初旬。日本では大暑の頃)
男は餓えと乾きに苦しめられ、とうとう畑の瓜に手を伸ばし、食べてしまうのだ。
すると、男の食べた瓜から大量の水が溢れ出し、洪水となり、
天女と男は遠く遠く離れ離れになってしまう。
物凄く落胆し、嘆き悲しむ天女の姿を見て、はじめておとっつあんは「ちと、行き過ぎた」と後悔するんですな。それで、1年に1度、七夕の日に、その日だけ二人の逢瀬を許す事にした、そうな。

この話し、いったいどれぐらい昔の言い伝えなのか分かりませんが、
どの国でも「娘を持つお父さんは怖いなあ」と思いましたよ!(笑)

この話に出てきた瓜。瓜は実の殆どが水分です。
今では色んな飲み物がありますし、私達は喉の渇きに苦しむことはありません。
しかし昔は、日照りの年も沢山あったと聞きます。井戸が枯れて泥水をすすった事もあるでしょう。
そう思うと、昔の人達がどんな想いで、話の中に瓜をもりこんだのか、
その気持ちが分かるような気がします。


また機会がありましたら、瓜を食べてみると良いでしょうね。
この胡瓜に限らず、冬瓜でもカリモリでも良いですし。
瑞々しさと、しゃきしゃきした歯ごたえを、どうぞ味わってくださいませ。



スポンサーサイト

| 美味しい食べ物、いっぱい | 08:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まるかじり

カオポンさん、こんにちは。

胡瓜とか秋刀魚とか、長いものは切らないほうが美味く感じるのはどうしてでしょう?
私だけ??
うちのほうでは、加賀太胡瓜をまったく見かけません。

| 和三郎 | 2006/07/04 12:35 | URL | ≫ EDIT

おとっつあん・・・ひどい!!!

『お願いです・・・「ちと、行き過ぎた」と後悔したのなら、1年に1度だけ二人の逢瀬を許すなんて言わないで、二人を一緒にいさせてあげてください。』・・・と短冊に書こう。

| 桜吹雪 | 2006/07/04 21:04 | URL | ≫ EDIT

最近、大きなスーパーでよく見かけますね。たぶんこのきゅうりだと思うけど…
結構いいお値段してるので買ったことないけどね。
味噌つけて丸かじりしてみたいなぁ( ´艸`)ムププ
今年の七夕の日は雨の予報だったみたい…
(T_T)

| アマランサス | 2006/07/05 19:59 | URL |

明日は七夕!

和三郎さんへ


こんばんわです~。
ほんと、秋刀魚は真ん中で切られたものを食べるより、頭からしっぽまでついてた方が美味しいと思いますし、胡瓜もそのまんま、まるかじりが一番美味しいと思います。見た目の印象なのかな?どうなんでしょ。

加賀太胡瓜、和三郎さんとこは出回ってないのね。
名古屋でも最近ですよ、見かけるようになったの。(それも、ちと高い)
味は凄く良いですよ。


桜吹雪さんへ

>おとっつあん、ひどい

あはは(笑)ほんと、大人気ないと言うか。
でも、この話に限らす西洋のお伽話でもこういうお父さんって出てきます。
お姫さまに一目ぼれした王子に、竜退治に行けと無理難題をふっかけたりするのね。
どの時代でも、娘をもつお父さんは手ごわいらしいですね。




アマランサスさんへ


こんばんわ~アマランサスさん。ほんと、今年の七夕は雨みたい。
晴れると良いのになあ~。
この胡瓜、一本30円から40円台の胡瓜と比べると、高いですね。うちは問屋で仕入れたんですけど、それでも一本あたり290円。
でも、これが美味しいんですよ。
試してみましたけど味噌も合いますよ~





| カオポン | 2006/07/06 23:27 | URL |

七夕ですねv

カオポンさんこんにちはvお久しぶりですね。なぎですv

七夕のお話…私はただ『織り姫と彦星が1年に一度会える日』という断片的なお話しか知らなかったので何だか『ほぉ~!!』と思ってしまいました(笑)

それにしても父は怖いですね(汗)私の家は私が嫁に行ったとしても(否、いけるかな?汗)まったく反対なんかしないと思いますが(^^;笑)

お写真の胡瓜もCMで見ましたね~!私の家の近くのスーパーにも売ってるかな??塩もみした胡瓜なんか暑い季節にはお酒のおつまみによさそうですねv

カオポンさんのブログはいつもすてきなお写真&絵と文章で楽しませていただいてとっても楽しみにしてます^^

これからもコッソリ覗き続けてますので~!ではでは^^失礼しますv

| なぎ | 2006/07/07 15:45 | URL | ≫ EDIT

カオポンさん、おはよ(^。^)

でっかい胡瓜さんですね~っ
だいじそうにレッテル貼られてると高級メロンみたいだねヾ(@^▽^@)ノ

カオポンさんのしなやかで優しげな手
ちゃんと奥さんしてるのね(*⌒▽⌒*)

さぁて、私もこれから麦わら帽子被って畑に出まぁ~す。

| うづまきなると | 2006/07/08 08:39 | URL | ≫ EDIT

暑くなってきましたね~( ´ー`)フゥー

カオポンさん、こんにちは。。。

これって、生でたべられないですか?
私、田舎に遊びに行った時の、4つか5つくらいの頃に、生でかじりついてる写真があって・・・(^◇^;)> アハハ
「腹、減ったんなら、畑さ行ってこ!」って言われたんで・・・(≧∇≦)

| ゆるねね | 2006/07/08 23:03 | URL |

どうもありがとうございます~


なぎさんへ

なぎさん、こんにちは~。わーー、どうも書き込み下さってありがとう御座います。凄く嬉しいです!
七夕の話、むかーし「まんが日本むかしばなし」にも、こんな内容でやってました。彦星、可哀相だなあと子供心に思いましたよ。
なぎさんのパパ様は、反対しない感じなんですね。(笑)でもきっと、その時がきたら娘さんに隠れて寂しがるかもね~。

この胡瓜に限らず、夏は胡瓜が美味しい季節ですね。水を飲むよりも胡瓜を食べた時のほうが確実に体を冷やしてくれると聞きますし。

またお暇な時にでも覗いて下さると嬉しいです。お仕事、頑張って下さいね。
ではでは~
(先ほど、別件でなぎさんへメールを送りましたよ♪)





うづさんへ

うづさん、コニチハです~。
うづさんとこの野菜を拝見して以来、自分も野菜を作ってみようかと考えておりますよ。職場に畑があるので、そこを借りようかと。

そうそう、この胡瓜。もったいぶってラベルが貼られております。価格も、普通の胡瓜より随分と高い。でも、美味しいんですよ~。

わたくしの手、とっても小さくて、子供の様にぷにぷにしてるんです。指も短くて、ピアノを弾く時はしょっちゅう苦労します。
こんな手なんですが、奥さんしてると仰って下さって嬉しいです!どうもありがとう御座います。

夏の畑仕事って大変ですよね。
がんばって、美味しい野菜を作って下さいね~。



ゆるねねさんへ


ゆるねねさん、こんばんわです。台風の影響なのかしら、こちらはとっても暑い夜を迎えております。
7月に入ったら一気に蒸し暑くなりましたよ。
この胡瓜は、丸齧りはしたこと無いですね~。でも、美味しいかもね♪
胡瓜を丸齧りしてる写真があるなんて、すごく「昭和」してて良いなあ。
なかなか畑でとれたての野菜をその場で食べる経験って無いものね。そう思うと、とっても豊かな体験だと思います。その時の胡瓜、きっと美味しかったんでしょうね~。

| カオポン | 2006/07/09 23:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaoponcafe.blog8.fc2.com/tb.php/187-ea66de46

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。