カフェ番長

カフェ番長「カオポン」の、珈琲と喫茶店日記。 時には鞄を作ったり、ジャズを歌ったり。 手作りの暮らしを楽しんでます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

屋台そば



8月最後の日曜日
投票へ出かけた後、車を15分ほど走らせたところにある蕎麦屋で
昼食をとりました。

蕎麦屋といっても、駐車場に黄色いワゴンが止まっていて
そこで御主人さんが手打ちの蕎麦を出してくれるのです。

そう、屋台の蕎麦。
江戸時代の頃は、落語に「時そば」ってお題があるように
屋台の蕎麦はとてもポピュラーな存在だったのにね。

老舗の蕎麦屋で長いこと修行をつまれた御主人が打つ蕎麦は
物凄く香が良いんだ。
天ぷらも、近くの畑でとれたのを揚げてくれるから凄く美味い。
そばつゆで炊いた野菜の煮物は一つ100円。
あげたての天ぷらは何と200円。
安いよねえ。

ワゴンのとなりに張ったテントの中で汗かきながら蕎麦をすする。

あっ、落語聞いてて最近言葉を一つ覚えた。
蕎麦はすすっちゃいけねえ。「たぐる」ってんだ。
あれ?江戸っ子みてえな言葉になっちまった。

子供の時、ラジオでよく落語を聞いてた。
うまい噺家の話しを聞いていると、本当にお腹が空いてくるし
怪談ものになると、ぞわーーっと背中ん所が寒くなる。
頭の中で話の情景が豊かに浮かんでくる、
そんな小噺を書きたいと思ったものです。

そういえば、先日部屋を掃除していたら20年前の自分の原稿が出てきました。
読んだら背中がこそばゆくなるような、稚拙な話でしたけど
ネタとしては面白かったので、改稿してみようと思います。




さて、こちらのお蕎麦屋さんのホームーページはこちら!

イイジマ屋
スポンサーサイト

| 美味しい食べ物、いっぱい | 11:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。