カフェ番長

カフェ番長「カオポン」の、珈琲と喫茶店日記。 時には鞄を作ったり、ジャズを歌ったり。 手作りの暮らしを楽しんでます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インドな夜 。昨日の夜は何を食べましたか。

昨日は実家から帰る道がえらく混んでいて、
通常45分で帰れるところを1時間多くかかってしまった。
家についた頃にはすっかり夜の8時を回っていて、先に仕事から戻ってきていた家人は汗をびっしょりとかきながら
腹をすかせてカオポンが帰ってくるのを待っていた。
ごめんね、遅くなったね、ちなみに冷蔵庫には何にも無いんだ、米も切れちゃったし、さて何を食べたい?
何とも無責任な事を聞いてみると、家人は「カレーが食べたい」と呟いた。
うむ。カレーね。んじゃ、インドなカリーでも。
早速家の近くのスーパーへ行って、『えいこくや』と言う名古屋では有名な紅茶や香辛料を卸している処が作った『インドかリーセット』を買う。あわせてナンの元も。
インドカリーのセットには、小さなビニール袋に「えいこくや」が厳選したスパイスが詰まったカレーの元と仕上げに淹れるガラムマサラがそれぞれ入っている。
でも、とってもインディーズな作りで、そのパーッケージを見ていると本当にインドで香辛料を買ったような雰囲気になる。

たまねぎとにんにくと、しょうがをみじん切りにして、いためて、
水をいれて、カレーの元を入れて、その後に肉を入れて、最後にガラムマサラを入れる。それで出来上がりと、作り方が書いてあるのだけど、本当にそれでいいのかと思える程、味の無いカレーだ。
よく読んでみると塩で調整してと書いてある。塩はやめてチキンコンソメをどっさりと入れた。これで何とか旨みが出た。

この間、家人はナンを作る。
メリケン粉みたいな粉を水と一緒に溶いてひたすら練る。
家にはボウルが無いので(?!)ラーメンどんぶりで練る。
いや、ラーメンどんぶりって、使い勝手いいよぅ。と、ちょっと言い訳をする。
本当は、練った種を1時間ほど寝かせると、いい生地になるのだけどそこは30分に省略。
ホットプレートを出して薄く延ばして焼く。

時計は9時を回り、テレビをつける。
『どっちの料理ショー』でジンギスカンとプルコギの対決が。
うむ。羊肉は上手いのは美味いが、なかなかそういう肉にはありつけない。時々名古屋の百貨店に「北海道物産展」が来て、味噌ラーメンの隣りでジンギスカンを食わせているけど、あまり美味くは無い。
一度でいいから、美味いジンギスカンを食したいものだ。

さて、ナンが何とか焼き上がり、出来たカリーと、アイスチャイを並べる。
チャイの葉っぱも『えいこくや』。
そしていただきます。


うーん。
うーん……。
からい。
実にからい。

ナンは実に厚い。家人は「失敗しっぱい」と言っていたが、それでも美味いと思った。
でも一番美味かったのはアイスチャイと、デザートで食べた桃だった。

(ナンの上手な作り方を知っている人がいましたら、教えて下さいませ)


ちなみに、昨日の昼飯は実家の母さんが作ってくれた「ソーメンチャンプルー」だった。
ソーメンをキャベツとツナとゴーヤ(にがうり)で炒めたもの。
美味かった。

ゴーヤをソーメンチャンプルーに使うのは意外だった。聞くと、カレーにもゴーヤを入れるらしい。
夏には少し苦いものが入っているといいと母さんは言う。
今度、うちのカレーにもゴーヤをいれてみようかなあ…。
スポンサーサイト

| 美味しい食べ物、いっぱい | 08:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaoponcafe.blog8.fc2.com/tb.php/35-a553df79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT