カフェ番長

カフェ番長「カオポン」の、珈琲と喫茶店日記。 時には鞄を作ったり、ジャズを歌ったり。 手作りの暮らしを楽しんでます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

揚げ物反省会


今年の正月に家人の友達が遊びにきてくれて
その時にコロッケを作って以来、フライもんが続いております。
と、言うのも。

うちんところ。

それまで殆ど揚げ物をしたことが無いんですな。
だって、油がもったいなーい!とか、台所まわりが汚れるーとか。
車でちょっと走れば肉屋さんがあって、一枚80円でハムかつを揚げてくれるし。

と、色々と理由をつけてこれまで揚げ物をしなかったのですが
お家で揚げたてを食べるのも良いなあと思いまして。

それでカキフライに白子の天ぷらとかやっちゃいましてね。
うんうん。けっこううまくいくじゃないかと、ちょっと調子に乗ってたら、
先週の月曜日。思いっきり失敗しちゃいました。

tenpurahanseikai.gif


市場でね、新鮮なキスとアナゴ、それと牡蠣。
ネタだけ聞けば、「こりゃあ、美味そう」って思えるでしょ。
でも、そうじゃなかったのよ。
こんなふうに写真を撮っているうちに天ぷらは冷め、身はちょっと堅くなってきちゃって
期待したわりにはあまり美味しくない。
それに他に作った鯵のなめろうも、雑な作り方で。

うちの人は気を遣って「うん・・・。まあ、良いんじゃないの」と言ってくれたのですが
作った自分は結構凹みまして。せっかく新鮮で良いネタを仕入れたのに、
どうして美味しく作る事ができなかったのだろうって。
良いお酒もあるのに…本当に悔しいったらない。

そして二日ほどして、また市場に行きました。
魚屋のお爺ちゃんたちに写真を見せて、「美味しくできんかった」とぼやくと、
「粉はどうしたの」
「鍋はどういうの、使ってるの」
「油はなに使ってんの」
等など聞いてくれて、色々と助言を頂きました。
そして、なめろうも「もー少し、丁寧にたたいてたら、凄く変わったかもね」と。

ちなみに、鍋。
フライパンで揚げるのも良いけれど、できたら天ぷら用鍋で揚げると失敗しないと。

それで同じ市場の中にある、金物屋さんに相談して
小ぶりな天ぷら用鍋を出してもらいました。

kanamonoya.gif

市場の金物屋さん。
凄い眺めでしょう。

奥にいるのは店主のお爺ちゃん。いっつも店の奥にいてこっくりこっくりしております。
お婆ちゃんがお店を仕切ってます。
こんなに色んなものがごちゃごちゃとあるのに、不思議なんだよ。
「揚げ物用のパッドある?」
「御餅焼く網ってある?」
「湯豆腐すくう、小さい網のお玉ってある?」
「18センチのフライパンに合う蓋ってある?」

こんなことを聞くと、「はいよ」って数秒もしないうちに取り出してくれる。
それも丁度良いのをね。
同じ鍋蓋でも、「ここは大阪の、こういうとこが作ってるの」とか、
「こっちの方が丁寧に作ってるから長持ちする」とか
丁寧に教えてくれるのね。今ではネットで何でも揃っちゃうけれど、
不器用な私には、こんなふうに丁寧に教えてもらえるところが好きです。


okagesannde.gif


おかげさまで、この日は美味しい天ぷらが作れました。
魚屋さんが「がんばって」と殻を剥いて背わたまでとってくれた、海老。
青物屋さんは、「寒いけれど、菜花なんて揚げてみると良いよ。春を感じるから」と。
かしわ屋さんは、この地鶏なんぞいいぞと。
あと、前々からやりたかった、「ちくわの天ぷら」。もちろん、青海苔いっぱいのね。

gotyagotya.gif

gomannetu.gif


ごっちゃごっちゃな台所。
せっせと揚げ物を続ける私の隣で、家人は揚げたそばから食べていきます。
片手には純米酒が注がれたグラスをもって。

いやあ、今日の晩飯は立ち飲みで結構。もう、めっちゃ美味いよ。

大喜びのうちの人、勿論、私も大喜び。

これでちょぴり、揚げ物ができるようになりました。

スポンサーサイト

| 家ごはんと、お弁当 | 22:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。