カフェ番長

カフェ番長「カオポン」の、珈琲と喫茶店日記。 時には鞄を作ったり、ジャズを歌ったり。 手作りの暮らしを楽しんでます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちょっとふしぎな話。


ちょっと不思議な話。
先週の月曜日と火曜日、続けて夢の中に亡き父が出てきました。
それも「一度時間ができた時に多賀大社に行っておいで」と。
翌日は実家の母を連れて父も一緒に多賀大社らしきところに行って、
神社の近くのお店を物色している夢。

実は、母が肺を患っている事を最近聞かされて、
自分が案じているからこんな夢を見たのかもしれません。

に、しても多賀大社。
年始年末に「白馬伝説の多賀大社!」と動かない絵のCMしか知らない所なのに、
なんでこんな場所が出てくるんでしょうね。

家人のぶーちゃんに話をしたら、
「なんでおまえさんの夢の話なんぞ聞かされなくちゃいけないんだ」と苦笑。
でもなあ。
なんか気になるんだよなあ。
門前の景色なんて、やたらリアルだった。
あまり信心深くない自分ですが、こればかりは気になってしょうがない。

・・・で、今日の昼過ぎ。近所の喫茶店で昼食をとったあと、
私たちはまっすぐに名古屋高速に乗っておりました。
久しぶりに晴れた青空の下、二人で走りたかったのも理由の一つ。
名古屋高速、名神を乗り継いで、名古屋から1時間で
あっと言う間に多賀大社に辿り着きました。

私よりも、もっともっと信心深く無いぶーちゃんが、
神妙な顔つきで柏手を打っていたのが心に残りました。

鎮守の森には、アブラゼミとツクツクボウシが鳴いていました。
夢の中の景色とは少し違ったけれど、なんだか心が落ち着きました。

夕暮れに向かう琵琶湖を西に向かって、湖岸に沿うように走ったのも楽しかったです。
そして、母さんの胸の病が少しでも楽になると良いです、はい。

追記…白馬伝説は、三重県の田度大社らしい!
田度大社と多賀大社を間違えるなんてテキトーだなあと、改めて自分を笑う。
でも、良いんだ。

IMG_3104.jpg
スポンサーサイト

| 家ごはんと、お弁当 | 23:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT