カフェ番長

カフェ番長「カオポン」の、珈琲と喫茶店日記。 時には鞄を作ったり、ジャズを歌ったり。 手作りの暮らしを楽しんでます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

土曜の夕方から


14907113_914733745366278_3285818574125043473_n.jpg

思い付きで彦根に泊り、彦根駅前の「彦一」と言う地酒と魚の美味しい居酒屋に
行ってきました。
a29e0cfe.jpg

彦一さんで飲むのはこれで3度目。絶対に外れなしです。

14947483_914732132033106_7944765907237657137_n.jpg
京都の錦市場
月に2度程通います。
お豆腐や湯葉、餅麩に、鰹節。包丁を扱っている所で包丁を持って砥いでもらうことも。
きずし(しめサバ)を買うならここ、
名古屋に戻ってからつまむ、おばんざい(お惣菜)ならここ、だし巻き卵ならここと、
立ち寄るお店は殆ど決まっています。


14732275_914734992032820_5232509380122753682_n.jpg

14915381_914733245366328_7255717024731765248_n.jpg

これまで週休二日だったのが、都合で一日のみになることが多くなりました。休み前の夜に車を飛ばして京都や彦根へ。旅先で地酒や産直の野菜や食材を調達して、家に帰ってきたら早速料理にする。ここ最近の息抜きです。

京あげと九条ネギのピザ
鳥の味噌漬け
この前、奈良に行った時に買ってきた三輪素麺をちょっと湯がいて、
冷たいぶっかけ素麺。

お酒は滋賀県の美味しい地酒でございます。

| 家ごはんと、お弁当 | 11:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

みかんサワー

14900486_911782312328088_6800318146683823282_n.jpg
最近はお天気が良い時はずっと相生山や大高緑地公園の芝生で仕事をしております。
良い感じで体を使っているのは良いんですけど、
ごはんを作って軽く呑んだだけで、気が付くと寝てしまう日がずっと続いておりまして。

今、久しぶりにぼーーーっとパソコンを眺めております。

写真は、最近作ってみて美味しかった飲み物。
「お家でなったのよ、あまり甘くないんだけど」と、わけていただいたみかん。
一口食べてみると、たしかに酸味が強いのです。
でも、とても良い匂い。
そこで、みかんの果汁を絞って、ホワイトリカーを適量に、
そして最後は炭酸水を。
お手軽な「みかんチューハイ」。

スッキリとした飲み口で、そしてみかんの香がいっぱい。

とってもおすすめですよ。

| 家ごはんと、お弁当 | 05:56 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

御縁を作って頂きました。



稚拙な絵ですが、はじめて絵のお仕事を頂きました。

jewelry005.png
jewelry003.png
jewelry007.png
jewelry013.png
jewelry012.png

| イラストと、ふにゃふにゃポエム | 02:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おひさしぶりです

IMG_000013.jpg


おひさしぶりです。お仕事頑張っております。忙しくて、なかなかお話しできませんが、もう少ししたら時間が出来ると思います。その時には、また近況報告しますね。

| 家ごはんと、お弁当 | 20:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もうすぐ1年。

住み始めてもうすぐ1年。古いマンションはリノベーション済みと言えども、色々問題のある物件と言うことが、この1年で実感しました。

14212617_884862568353396_3174686097950480018_n.jpg


今朝も、朝早くから「この物件良いんじゃない?!」「いやあ…でも高いわあ」等とネットで物件探し。でも、遮光カーテンを開けて、朝の光を部屋の中にいっぱい入れてみたら、「これも良いんだよね…」と、私達。

14141983_884866008353052_1061046753042055116_n.jpg
14102516_884865448353108_8404164249842148425_n.jpg
電気をつけないで、自然光だけで過ごせる事って、気持ちが良いですね。フレンチトーストと牛乳多めのアイスティーを朝食に。美味しかった!


14203210_884866111686375_6522927402884925010_n.jpg


| 家ごはんと、お弁当 | 16:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日はおやすみ。

kurasi.png

先週は、仕事中に交通事故に遭ったり、(後ろから追突でした。幸いにもぴんぴんしております)、仕事のお祭り開催まで台風や天気を気にしたりと、ちょっと気を遣うことが続いていましたが、無事にお祭りも終わり、今日は気を抜いて休んでおります。

kurai01.png
kursi02.png


部屋を掃除して、ぼーーっと本読んで、濃いめのハイボールを作って一杯だけ呑んでます。
溜まっていた端切れを縫い合わせて、秋用のテーブルクロスに。
活け始めて20日は経った、しおれそうな蘭の花。短く剪定して、フラスコに活けなおして。
日が暮れるのが早くなったなあと思いました。


gare02.png
gare01.png

そして最近、そば粉を使ってガレットを作るようになりました。
思っていたより簡単に作れます。
シードルやスパークリングと合わせて頂きます。
美味しいんだなあ。


| 平凡だけど幸せな日 | 17:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

茄子と竹輪のかば焼き重。

13912311_871522246354095_6496104070161827075_n.jpg


土用丑の翌日、余った鰻のかば焼きのタレを使って。

茄子と竹輪のかば焼き重。

二人前で350円なり。

昨日はうなぎ2尾で4000ぐらいいったから、随分安いなあ。

子どもの頃。4つぐらいだったかなあ。

当時、沖縄からこっちにきて、母さんが働きに行って、毎日お弁当を持参していた。
私は織機の託児所に預けられて、仕事が終わるとお母さんと一緒にマイクロバスに乗ってお家へ帰って。

その時、お母さんが少しだけお弁当を残してくれていて、残ったおかずや御飯を食べるのが凄く楽しみだった。
貧しい家だったから、おやつなかったなあ。
お母さんの作る、竹輪のかば焼き。このかば焼きの味が染みた御飯を食べるのが凄く美味しかったんだ。

その味を思い出しながら作ってみたけれど、随分豪華にになっちゃったなあ。





13886485_871522286354091_8749690374589655190_n.jpg

| 家ごはんと、お弁当 | 21:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おうどん

「京都のおうどんは、腰抜けうどん。麺を食べる言うより、おだしを美味しく頂くんです」と、
生まれた時からずっとずっと京都の文化財に囲まれて育ってきた友人は、
とってもおっとりとした口調で、そう教えてくれた。

はあ、おうどんですかー。わたし、うどんよりきしめん派なんですけどねー。
あと、さぬきみたいに腰入ってないと美味しくないと思うよ。

観光客が殆ど入ってこないような路地裏の飲み屋で、シードルをガブガブ飲みながらそんな話をしたっけ。




水曜日、ネットで京都市美術館でダリ展が開催されているのを知って急に京都へ行くことに決めた。
他にも漫画ミュージアムで江口寿史展がやっているので、それも見に行こうと。
いつもだったら、日が暮れた頃に京都に入って呑んでいるけれど、今回は昼前に到着したい。
じゃあ、おひるごはんは何にしようか……。

その時、ふと「おうどん」の事が頭に浮かんだ。

よっしゃ、お昼は「おうどん」にしよう。きっと、にゃらにゃらな触感なんだろうな。
出かける前に、ちょっとだけネットで候補の店を幾つか調べた。
観光客が列作って並んでいるようなところじゃなくて、
地元の人やそこで働いている人たちが休み時間に食べにくるとこが良いな。
そんな期待を込めて家を出ると、幸いなことに道がとても空いていて、あっと言う間に着いてしまった。
祇園祭でさぞかしごったがえしているだろうと思っていたら、
ちょうど中休みの時期に入っていて、街の中は少し息抜きをしている様子に見えた。
2年前の同じころに一人で行った時も、同じような風景。
いいんじゃない?と、ほくそ笑む。

駅裏の細い路地を進んでいくと、目的のお店に辿り着いた。
全く京都らしくない、どこの町にでもありそうな、ひなびた商店街の一角。
がらがらと扉をあけると、昭和な雰囲気に包まれた店内には、お客が2人。新聞広げて、おうどんをすすっている。
席に座ると、すぐにおばちゃんが、麦茶と一緒に注文を伺いにきた。
「あの……」
短冊に書かれたメニューを見ながら話しかける。
「名古屋から来たんです、京都のおうどんが美味しいって聞いて」
おばちゃんは、にこりと微笑む。
「で、なに食べたらいいかなあって」
「うちはたぬきをおすすめしてます」
「はあ」
「あんかけで、刻んだお揚げさんの上に生姜のってましてな」
「じゃあそれと……・」
あとは、「けいらん」と言うのを注文した。けいらんとは読んで字のごとく鶏卵。
餡かけの卵とじの事を言うらしい。おばちゃんが中に引っ込んだ後、出された麦茶を飲んでいると、ぶーちゃんが「ああ……」と小さな声でうめいた。

「うん?」
しまった。と、言いたげな表情。
「こんなに暑いのに、餡かけってさあ」
と、言った傍から顔が赤い。この数年で、ひとまわり恰幅が良くなった分、随分汗をかきやすくなった家人。
汗いっぱいかいて、痩せるが良い。そう思いながら頷くと、奥のショーケースが気になった。
「なんかな?あれ」
「お寿司……かな?」
常に慎重な行動をするぶーちゃんが、先に立ち上がってケースの方へ行った。
好奇心が優ったが為の意外な展開。
「やっぱり寿司だわ。けど、黄色いのって卵だと思うんだけど」
子どもの様に目が輝いている。
「へえー」
戻ってくると入れ替わるようにして、私も向かう。

13770418_867837570055896_2852167473880064379_n.jpg


「きれーい」

大衆食堂とは聞いているけど、お昼時にお寿司の小皿がちょこちょこと並んでいるなんて。
一口で食べれるような小さなお寿司。きっとこの揚げも、甘くておいしいんだろうな。
家を出る前に、おむすびを沢山食べてきたので、残念だけどお寿司は諦める事にした。
写真に撮ってみたら、お寿司の可愛らしさに和んだ。
しばらくすると、仕事の休憩に入った人たちががやがやと店の中に入ってきた。
作業着のまま、店の一角に陣取るとメニューも見ないですぐに注文。
カレーうどんに、たまご乗っけて。俺、ひやしうどん。あ、俺もカレー。
さすが地元民。京都らしいメニューはたのまない。いや、自分もカレーうどんがあるのを知ってましたよ。
でも友達が言っていた「だしを食べる」なら、普通のうどんでしょう。
ああでも、カレーうどんかあ。カレーも良いよなあ。
そんな自問自答を繰り返していると、頼んでいたおうどんが登場。

13707774_867839430055710_3670098328627391986_n.jpg



ふわーーー、本当に……。
あっつあつの、おうどん!
でも、食べるぞ。

無言のまま見合わせると、私たちはうどんをすすった。


13775851_867839346722385_2447146952069049768_n.jpg


だしは、かつおと昆布を丁寧にとっているのがすぐに伝わってきた。さぬきうどんの様な独特の甘さは無い。
けれど、このおだしも美味しい。
ちゃんと摩り下ろした生姜のおかげで、予想以上に体が温まってくる。冬の厳しい時期に食べたら、もっと美味しく感じるだろう。
麺は、思ったとおりのにゃらにゃらな麺。これはこれでいける。
「うまい」
ぶーちゃんが短く感想を伝える。そうか、ぶーちゃんも満足しているんだ。
続いて常連さんの席に運ばれたカレーうどん。だしの利いたカレーの匂いがする。
スマホを片手に、四方山話で盛り上がっている。これが日常なので、誰もうどんを写真に収めようとはしない。

すみませんねー。観光客気分まるだしで。
恐縮しつつも、おうどんをぱしゃり。そんな様子を、お店のおばちゃんはニコニコと眺めている。
おうどん1杯500円なり。とても安いと思う。

「どうでした?おうどん」
清算の時に、おばちゃんはそう聞いてきた。
はい、とても美味しかったです、おうどん。

今度は寒い時にまた来ますね。そう言ったら、おばちゃんは「気をつけて」と送り出してくれた。



京都でおうどんも、良いですよ~。




※拍手コメントありがとうなもなも

Kちゃん、ありがとうー。そうなんだよ、この人最近のブームなんですわ、私の。
尾崎亜美の、どら猫の様にしゃがれた声。かっこいいよねー。
私もいつか、あんな声になりたいですよ!陽水のアルバム、今度おうち来た時に聴かせてよ!うんうん。










| 家ごはんと、お弁当 | 08:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。